イチオシ図書館イベント
  1. ホーム
  2. トピックス
  3. イチオシ図書館イベント
  4. 桜井市立図書館で2020年度・第2回 図書館文化講座「陶芸のいろは」を開催しました

桜井市立図書館で2020年度・第2回 図書館文化講座「陶芸のいろは」を開催しました

桜井市立図書館で2020年度・第2回 図書館文化講座「陶芸のいろは」を開催しました
ポスターはこちら

2020年9月6日(日)に奈良県の桜井市立図書館において、2020年度・第2回 図書館文化講座「陶芸のいろは」を開催しました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、定員を通常の半分程度の30名としました。それでも参加者が集まるかスタッフも心配していましたが、受付開始から2週間で申し込み満了となりました。
対象年齢の制限はなく、さまざまな年代の方々が参加されました。

図書館文化講座「陶芸のいろは」の様子

講師の先生は地元出身
桜井市立図書館で2020年度・第2回 図書館文化講座「陶芸のいろは」を開催しました
講師の迫先生
桜井市立図書館で2020年度・第2回 図書館文化講座「陶芸のいろは」を開催しました
関連本の展示

講師は地元桜井市三輪ご出身の迫能弘(さこ よしひろ)先生で、現在は滋賀県・信楽で登り窯を構えご活躍されています。講師が地元の方と知り、参加者の方々が驚いておられました。
また、会場では陶芸に関連する本の展示も行いました。

開催にあたって
桜井市立図書館で2020年度・第2回 図書館文化講座「陶芸のいろは」を開催しました
桜井市立図書館で2020年度・第2回 図書館文化講座「陶芸のいろは」を開催しました

「陶芸のいろは」は図書館文化講座としては初めての「芸術」分野の講座となります。
陶芸専用の部屋はなく、通常の研修室を使用しているため、土が落ちても大丈夫なように床面にブルーシートを敷き、また陶作の際に必要となる「水」も小さなバケツを机に置いて使用してもらいました。

今回の講座に限らず、講座・イベントを安全に開催するために、スタッフ一同細心の注意を払い準備にあたっています。
通常より小規模の開催となっておりますが、今のところ安全にイベントを開催できています。

講座の内容
桜井市立図書館で2020年度・第2回 図書館文化講座「陶芸のいろは」を開催しました
桜井市立図書館で2020年度・第2回 図書館文化講座「陶芸のいろは」を開催しました

まず迫先生が信楽焼のこと、信楽の土のことなどをお話しされ、お手本を見せてくださいました。
熱心な参加者の方が多く、先生の手つきやお話を真剣に見聞きされていました。
先生が気さくな優しい方だったので「先生、先生!」とわからないことや教えて欲しいことなど、参加者がそれぞれ手を挙げて聞いておられ、皆さん一所懸命器を作っていました。

講座は粘土を成形したところで終了し、先生に参加者の作品を窯で焼いていただき、仕上げをしていただきます。
完成した作品を図書館へ送り返していただき、参加者の皆さんに受け取りに来ていただく予定です。
作品が出来上がり、参加者全員のもとに作品が届くまで1ヶ月半ほどかかるということですが、皆さんどんな器が出来上がるのか、仕上がりをとても楽しみにしていらっしゃいました。

報告:2020年9月
桜井市立図書館

関連リンク

掲載:2020.09.14

Tweet