お知らせ
  1. ホーム
  2. 最新のお知らせ
  3. 長崎市立図書館「がん情報サービス」のPVができました。

長崎市立図書館「がん情報サービス」のPVができました。

YouTubeから視聴する方はこちら

《TRC受託館》長崎市立図書館は、地域の関係機関と連携し、”もっと役に立つ図書館”の実現を目指し、「がん情報サービス」を行っています。

「がん情報コーナー」
情報が古くならないよう、常に最新でバランスのとれた書架となるよう、担当者がチェックしています。がんの種類別に本の背表紙にラベルを貼付、また関係機関をまわって収集させていただいたパンフレットやチラシなども重要な資料として展示しています。
「図書館でがんを学ぼう講座」
「長崎みなとメディカルセンター市民病院」の協力を得て専門家の話を聞く会を設けています。毎回定員100名を超える市民の皆さまにご参加いただいています。
また「図書館deサロン」という少人数での交流の場も新しく始めています。
レファレンス
がん情報に限らず、欲しい情報があるのにたどりつけない…、そんなときのご相談をお受けしています。お話をうかがい、図書館の資料のみで対応が難しい場合は地域のネットワークを活用し協力機関をご紹介することもあります。

この取り組みを、まだ図書館を使っていない方々にも知っていただくために、長崎市立図書館「がん情報サービス」のプロモーションビデオ(PV)をつくりました。
流れている歌「明日の風」の作詞は、長崎市立図書館のスタッフです。がん宣告を受けた人が大切な人と未来を歩むために図書館ができることをご紹介しつつ、ところどころ、長崎らしい風景も入れています。

そして自然音による心地よい環境づくり「KooNe(クーネ)」でおなじみの、ビクターエンタテインメントに作曲と歌唱をお願いしました。
長崎市立図書館のオリジナルソング「明日の風」がバックに流れるPVをぜひご覧ください。

「明日の風」

涙でにじむ いつもの坂道
遠くに浮かぶ いつもの町並み

灯かりを消して 瞳を閉じれば
わたしをつつむ あなたのぬくもり
悲しみを溶かしていくよ

一緒にいてくれて ありがとう
明日は笑顔を見せられるかな

※ 白いキャンバスに何を描こう
立ち止まってはいられない
心開いて 明るい未来
draw our bright future someday
風はいつだって 吹いている

新しい気持ちで 坂道歩けば
気付かずにいた 赤い花がさく

あなたを見つけ 手を振り駆けてく
今日は笑顔で「おはよう」の言葉
眼差しが私を強くするよ

ねえ 支えてくれて ありがとう
これからもずっとそばにいてね

※ 広い世界にいま夢を見よう
想いのままに 舵をきろう
たとえ どんなに くじけそうでも
Our path leads to tomorrow
空はいつだって見ている

※ 白いキャンバスに何を描こう
立ち止まってはいられない
心開いて 明るい未来
draw our bright future someday
風はいつだって 吹いている

draw our bright future someday
風はいつだって 吹いている

作詞:佐藤美加・西岡由乃・濵邉康子・森ふゆ子
作曲:曽我淳一
歌:Maaayo
Music by courtesy of Victor Entertainment
©長崎市立図書館 / 株式会社図書館流通センター
プロデュース: 株式会社図書館総合研究所 佐藤達生

関連動画:
2013年 第15回図書館総合展でのフォーラム「ひとりのがんに、地域の力を」動画はこちら
2014年 第16回図書館総合展でのフォーラム「図書館をまんなかに考える地域図書館の挑戦」動画はこちら

Tweet