トップからのメッセージ TRCはこんな会社です
  1. ホーム
  2. 会社情報
  3. トップからのメッセージ
代表取締役社長 細川博史

2020年度は、コロナに始まりコロナに終わった1年でした。
年度当初の緊急事態宣言に始まり、感染者数の増減に目を光らせ、面前ではプラスチックのシールドを立て、画面越しにマスク顔で話し続ける――これまでのコミュニケーション手法が通用せず、戸惑いの連続ではありましたが、こうした劇的変化に際しては、ピンチと同時にチャンスも訪れるのだな、という実感もありました。 そしてこのコロナ禍によって、あらためて本や図書館の価値が見直されたのではないかと感じています。

最初の緊急事態宣言発出下では、全国約9割の公共図書館が臨時休館し、研究者や報道関係者など、情報を必要とする業種に従事する図書館利用者の皆様が、業務遂行に支障を来したとうかがいました。
ステイホームにおける巣ごもり需要などを顧みても、危機下において多くの国民が、あらためて図書館や資料の大切さを感じられたことでしょう。

また、2020年度は来館せずに利用できる図書館サービスの必要性がクローズアップされた一年でもありました。
電子図書館の導入による新たな読書機会の創出、24時間本の受け取りができる予約ロッカーや予約図書の宅配など、どのような状況にあっても、「持続的に情報や資料の提供が出来る環境」の整備が、これからの図書館にとって大きな課題となっています。

また、学校教育の現場では、GIGAスクール構想による通信環境や端末の整備が急ピッチで進んでいます。今後はコンテンツが充実し、学校図書館の授業活用や児童生徒の読書推進が図られるでしょう。

私たちは、こうした大きな変化を、図書館の価値向上へのチャンスと捉え、アフターコロナ・ウィズコロナの人と本、人と情報の在り方を模索しながら、教育や文化、そして生活の支えが情報であり、図書館であることを伝え続けてまいります。

2021年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社図書館流通センター
代表取締役社長
署名 細川博史

掲載:2021.04.16