イチオシ図書館イベント
  1. ホーム
  2. トピックス
  3. イチオシ図書館イベント
  4. 青森県つがる市にて、つがる市立図書館が2016年7月29日(金)にオープンしました

青森県つがる市にて、つがる市立図書館が2016年7月29日(金)にオープンしました

イオンモールつがる柏外観 つがる市立図書館エントランス

つがる市立図書館 開館の経緯

青森県つがる市にて、つがる市立図書館が2016年7月29日(金)にオープンしました。
つがる市は2005年2月11日に、西津軽郡木造町、森田村、柏村、稲垣村、車力村の1町4村が合併して誕生した市です。市町村合併以前から「図書館のない町」だったつがる市では、長らく図書館設置の検討を続けていました。この度イオンモールから「イオンモールつがる柏」別館への図書館設置の提案を受け、2015年12月につがる市議会で決定しました。そして2016年7月29日(金)、市民待望の図書館がイオンモール内に誕生しました。イオンモール内の図書館は全国で3例目、東日本では初の事例となります。

つがる市立図書館館内の写真 つがる市立図書館館内の写真

つがる市立図書館開館式の様子

開館当日は朝9時半より、青森県立木造高等学校吹奏楽部が素晴らしい演奏を行う中、つがる市立図書館開館式が行われました。つがる市長・福島氏の式辞のあと、青森県知事・三村氏のご祝辞(代読)に引き続きつがる市議会議長・佐々木氏のご祝辞をいただき、最後にイオンモール株式会社取締役会長・村上氏にもご祝辞をいただきました。村上氏は、図書館が設置された「イオンモールつがる柏」が1992年にイオンモールとして全国に先駆けて設置されたこと、「イオンモールつがる柏」で実施されたさまざまなイベントや企画は、その後全国のイオンモールへと発展していったことなどを話されました。今回の図書館設置においても、東日本初の事例であり、全国に先駆けた実践に注目していきたい旨、図書館への期待を語られました。

来賓の紹介のあと、地元の小学生2名を含めた来賓11名でテープカットを行いました。
開館を待つ100名を超す市民や報道関係者が見守る中、無事テープカットが執り行われ、盛大な拍手が沸き起こりました。

つがる市立図書館開館式の様子 つがる市立図書館開館式の様子

図書館が開館すると、待ちわびていた市民の方々がどっと館内に入られ、先着300名にプレゼントでお配りしていた図書館バッグはすぐになくなりました。新しい本を積み上げてさっそく読書にふける子供たちや、書籍検索機で好みの本を探す高校生、さまざまな種類が集められた椅子の中さっそくお気に入りを見つけて腰掛け、座り心地を確かめるシニアの方など、市民の方々は思い思いの方法で図書館を堪能されていました。

つがる市立図書館開館の様子つがる市立図書館開館の様子つがる市立図書館開館の様子
つがる市立図書館開館式の様子 つがる市立図書館開館式の様子

つがる市立図書館の特徴

  • つがる市立図書館では、回遊型レイアウトを取り、併設されたタリーズコーヒーの飲み物も持ち込み可能です。本とふれあいやすく、居心地の良い空間を提供します。
    つがる市立図書館併設されたタリーズコーヒー つがる市立図書館回遊型レイアウト
  • つがる市の基幹産業である農業支援のため、農業関連資料を充実させました。就労支援の資料も豊富にそろえています。
    つがる市立図書館農業支援コーナー本棚の写真 つがる市立図書館農業支援コーナー本棚の写真
  • 衆議院議員・元青森県知事の竹内俊吉氏所蔵の貴重な郷土資料を竹内文庫として公開しました。
    つがる市立図書館竹内文庫(郷土資料)コーナーの写真 つがる市立図書館竹内文庫(郷土資料)コーナーの写真
  • 小中学生向け学習支援のために、学研のデジタル学習教材を導入しました。館内備え付けのタブレットで利用できます。
  • 館内に、自動貸出機、リライトカードを導入しました。青森県内では3館目の自動貸出機です。利用者自身で気軽に貸出処理ができます。
    つがる市立図書館自動貸出機リライトカードの写真
  • 青森県内では初めての書籍消毒機を備えました。本に風を当ててページに挟まったゴミやほこりを取り除き、紫外線照射により本の殺菌消毒を行います。
    つがる市立図書館書籍消毒機の写真

つがる市立図書館のご案内

つがる市立図書館地図
住所
青森県つがる市柏稲盛幾世41
イオンモールつがる柏 別館1F
面積
1,606㎡
蔵書冊数
最大12万冊蔵書可能(開館時約8万冊)
開館時間
10:00~20:00
休館日
毎月最終月曜日(但し変更の可能性あり)
指定管理者
株式会社図書館流通センター
Tweet
▲ ページトップへ