運営手法

そこで働く「人」が場所をつくっていく。

図書館をかたちづくる「建物」や「資料」を健全に機能させるためにもっとも重要なのは、「運営手法」すなわち「そこで働く人」なのです。


もっとも重要な、図書館を動かす「人」

スタッフの経験や専門性を活かすことや、研修制度などを鑑み、
運営をアウトソーシングする自治体も増えてきました。

図書館スタッフの専門性向上のために

ライブラリーアカデミー

図書館長と候補者向けに、図書館史から経営論、行政との関係構築、他機関との連携方法、個人情報保護やブランディングまで、社内外の講師による授業を行っています。新しいサービスを開発、展開し、常にサービス向上のために寄与できる人材を育てています。

研修の様子

公共図書館の学校教育支援

学校図書館支援センター

学校図書館支援センターを設置し、図書館を教育に活用する支援を行います。学校の授業と図書館の関わり、学校図書館同士の横の連絡、公共図書館と学校図書館の連携をはじめ、学校司書の研修や情報共有が容易になります。

学校教育支援

上記の取り組みは図書館のより良い運営のために、図書館総合研究所の親会社である 株式会社図書館流通センターで行っています。