セミナーのお知らせ
TRCセミナー「まちの課題を解決する図書館(大阪会場・10月)」開催のご案内

地域政策をめぐる情報交流・共同研究の場―TRC セミナー「まちの課題を解決する図書館」、今回は大阪で予算財政議論と公共施設マネジメントをテーマに開催します。皆様のご参加をお待ち致しております。


政策実現への財政議論~年間サイクルで押さえる予算・財政議論のツボ

社会保障経費と社会資本更新経費の増大、人口減少と経済縮小による税収の減少…、自治体財政は大変難しい局面を迎えています。限られた財源をより有効に活用していくためには、財政情報や評価情報をいかに読み解き、いつの時期に、何を押さえていく必要があるのでしょうか。
今回のセミナーでは、予算・財政関連の年間スケジュールを理解し、政策を的確に予算に反映させていくための議論のあり方を、①決算審査と予算審議との連動、②財政情報の読み解き方、③行政評価情報の読み解き方、以上の3つの視点から整理・解説します。

講師

稲沢克祐(関西学院大学 専門職大学院 経営戦略研究科 教授)

群馬県財政課、自治体国際化協会ロンドン事務所等を経て現職。博士(経済学)。総務省地方公会計の活用のあり方に関する研究会委員、名古屋市行政評価委員長、川西市経営評価委員長等を歴任。著書に『50 のポイントでわかる 地方議員 予算審議・決算審査ハンドブック』、『一番やさしい地方交付税の本』、『自治体の財政診断と財政計画』等。

日時::令和元年10月24日(木) 13:00-16:00      参加費:5,000円(税込)

公共施設更新問題への対応はどこまで進んだか ~「時限爆弾」を止めるために、いま、なすべきこと

公共施設の老朽化・更新問題が社会的に注目されて、しばしの時間が流れました。この間、公共施設等総合管理計画、個別施設計画等の策定を経て、更新・縮減・再配置等の実践段階に至っています。中には、複合化や目的外使用、PPP や民間投資等による成功事例も散見されますが、他方、職員研修による体力づくりの重要性や計画に基づく再配置の困難さなど、課題も明らかになりつつあります。
今回のセミナーでは、そうした最前線の事例を分析し課題を明らかにしながら、施設管理・資産活用の手法と庁内体制づくりの両面から、これからの公共施設マネジメントの取り組み方について考えます。

講師

南 学(東洋大学客員教授)

横浜市で市長室調査等担当課長、企画局調査課長等を歴任。この間、UCLA 教育学大学院に留学。その後、静岡文化芸術大学助教授、横浜市参与、神田外語大学教授等を経て現職。内閣府行政刷新会議や自治体の事業仕分け等でも活躍。著書に『先進事例から学ぶ―成功する公共施設マネジメント』、『自治体アウトソーシングの事業者評価』等。

日時:令和元年10月25日(金) 13:00-16:00      参加費:各回、5,000円(税込)

会場 図書館流通センター関西支社 (吹田市広芝町18-24)
*地下鉄御堂筋線「江坂駅」南改札より徒歩5分
参加費 当日、会場受付にて頂戴致します。ご請求書の発行等は下記までお問い合わせください。
お申し込み 別紙「受講申込書」に必要事項をご記入の上、Faxでお申込ください。
*受付後、メールで「出席票」をお届けします。
*お申し込み後、ご欠席となる場合には、必ず事前に、下記まで、ご連絡ください。
備考 定員各回30名。先着順に受け付け、定員に達し次第、締め切ります。
台風襲来など止むを得ない事情により中止または延期する場合があります。予めご了承ください。

お問い合わせ先

TRCセミナー「まちの課題を解決する図書館」(担当:島)
〒112-8632 東京都文京区大塚3-1-1 株式会社図書館総合研究所
 E-mail: shima.yasuyuki@mxh.trc.co.jp  URL : https://www.trc.co.jp/soken/
 担当者携帯:080-6773-7099  Tel:0120-801-202  Fax:0120-101-914