セミナーのお知らせ

TRCセミナー「まちの課題を解決する図書館」<自治体政策研究会>
自治体経営と内部統制(全3回)

図書館づくりとまちづくりに貢献する図書館総合研究所では、①講師による講義と②参加者の政策課題を題材とした事例研究等を通して政策思考実戦力の向上を図る継続・定例型の研修会「自治体政策研究会」を開催致します。政策力の向上、また政策の雛形づくりの機会等としてご参加たまわれば幸甚に存じます。

日時 第1回4月24日(火)、 第2回5月22日(火)、第3回7月17日(火)、各日13:30-16:30
*以後、8月、10月、11月、来年1月、2月に開催する予定です。
会場 図書館流通センター本社 ホール (東京都文京区大塚3-1-1)
東京メトロ 丸の内線「茗荷谷」駅より徒歩1分、春日通りに向かって左手、茶色のビル
参加費 お一人様10,000円(税込)  当日、会場受付にて頂戴致します。
お申し込み 参加申込書(71KB)」にご記入の上、Faxでお申込ください。
*継続性のある内容につき、基本的に毎回ご参加いただけることを前提にお申込下さい。
*定員25名。継続参加の方を優先させていただきます。定員に達し次第、締め切ります。

講義テーマ

自治体経営と内部統制(全3回)

内部統制の制度化と監査機能の強化に向けた地方自治法の改正、統一的基準による発生主義・複式簿記と固定資産台帳の整備を前提とする地方公会計制度の導入など自治体経営が新たな局面を迎えています。そこで、自治体経営と内部統制の問題について、①内部統制の基本、②合意形成と実施統制、③管理会計と意思決定の3回に分けて整理します。

構成

①講師による講義と質疑、②参加者の政策課題を題材とした事例研究、等で構成します。

講師

宮脇 淳 北海道大学大学院法学研究科・公共政策大学院教授

参議院事務局、経済企画庁、㈱日本総合研究所主席研究員等を経て現職。北海道大学公共政策大学院では初代を含め2度院長を務める。内閣府地方分権改革推進委員会事務局長、総務省第3セクターの等のあり方研究会座長、下水道財政のあり方研究会座長をはじめ、国・自治体の各種委員等を数多く歴任。著書に『自治体経営リスクと政策再生』『「政策思考力」基礎講座』『地域を創る「政策思考力」入門編』等。

【自治体政策研究会について】
  1. 自治体に大きく影響する国の政策動向、経済社会動向
  2. これから自治体が直面する主要政策課題とその対応策
  3. 地域現場で活きる政策学、行政学、財政学などの知見等について整理し、情報提供します。併せて、
  4. 参加者がもつ政策課題の解決に向けたプロセスの共有により政策思考力の向上と政策の雛形づくりを図ります。

お問合せ先

TRCセミナー「まちの課題を解決する図書館」 株式会社図書館総合研究所 (担当:島 泰幸)
〒112-8632 東京都文京区大塚3-1-1
Tel:03-3943-2221  Fax:03-3943-7058  E-mail: shima.yasuyuki@mxh.trc.co.jp