セミナーのお知らせ
TRCセミナー「まちの課題を解決する図書館」

シヴィック・プライド と シティ・プロモーション
~大分県竹田市「内に豊かに 外に名高く」の自立化戦略~

図書館づくりと図書館を通したまちづくりに貢献する図書館流通センター(TRC)グループでは、地域政策をめぐる情報交流・共同研究の場としてセミナー「まちの課題を解決する図書館」を開催しております。
今回は、「シヴィック・プライドとシティ・プロモーション」をメインテーマに、下記の構成で開催致します。
つきましては、ご多用の折とは存じますが、是非ともご参加くださいますようご案内申し上げます。

日時 平成29年8月21日(月)13:30~16:30
(講師の急な公務等止むを得ない事情により日時が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。)
会場 図書館流通センター本社ホール (東京都文京区大塚3-1-1) Tel.03-3943-2221
東京メトロ 丸の内線「茗荷谷」駅より徒歩1分、春日通りに向かって左手、茶色のビル
参加費 お一人様5,000円(税込)  当日、会場受付で頂戴致します。
申込 受講申込書(72KB)」にご記入の上、Faxでお申込ください。
*お申し込み受付後、順次、メールにて「出席票」をお届け致します。
*お申し込み後、ご欠席となる場合には、事前に下記まで必ずご連絡ください。

Talking Points:

竹田市は、田能村竹田、廣瀬武夫、幼少期を当地で過ごした瀧廉太郎など多くの人材を輩出し、岡城址、日本一の炭酸泉・長湯温泉、九重連山など自然に恵まれた風光明媚なまちです。同市は、少子化・高齢化・過疎化の中でも、文化の薫り高い地域性を継承しつつ、農村回帰・定住支援、現代版湯治システム(温泉活用による予防医学の推進、長期滞在者の宿泊費助成など保健制度)による国際温泉療養都市構想、複合型アグリビジネスなど国内外を視野に入れた自治体の自立化戦略で大きな成果を上げています。ふるさと納税やインバウンド等も含め「地方創生」の流れの中で「シティ・プロモーション」が注目され、各種取り組みが展開されつつありますが、今回は竹田市の事例をもとに、同市が重視する「シヴィック・プライド」との関連においてシティ・プロモーションを捉え直し、これからのまちづくりのあり方について考えます。

『内に豊かに 外に名高く―大分県竹田市の挑戦』

「農村回帰・定住支援」、温泉活用による予防医学の推進や長期滞在者の宿泊費助成など「現代版湯治システム」、「複合型アグリビジネス」等で注目される竹田市。同市の「内に豊かに外に名高く」の基礎自治体としての自立戦略を例に、これからの「地方創生」のあり方を考えます。

『成果を生み出すシティ・プロモーション』

人口減少対策、ふるさと納税やインバウンドの拡大等に向けてシティ・プロモーションが注目されています。交流人口・定住人口・協働人口の拡大、企業活動の定着など着実に成果を生み出し「地域価値」を高めていく上でのポイントを、成功・失敗の事例を交えながら考えます。

講師

首藤 勝次 竹田市長

直入町役場(企画・広報・国際交流・文化振興等で活躍。1990年広報マン全国表彰受賞。98年温泉館「御前湯」初代館長)、大分県議会議員(3期)を経て、2009年4月竹田市長に初当選(現在3期目)。04年国交省観光カリスマに選定。11年日独友好賞受賞。温泉療養保健システムなど竹田ならではの斬新な政策を展開。政策力、人間力、地域力で自治体の自立をめざす。

牧瀬 稔 関東学院大学准教授

法政大学大学院博士課程修了、博士(人間福祉)。横須賀市都市政策研究所、日本都市センター研究室、地域開発研究所を経て、2017年4月より関東学院大学法学部地域創生学科准教授。シティプロモーション自治体等連絡協議会調査研究部会長。多くの自治体で政策アドバイザー等を務める。著書に『あなたのまちの政策条例』、『地方議員が開く「政策の窓」』等。

お問い合わせ先

TRCセミナー「まちの課題を解決する図書館」 株式会社図書館総合研究所 (担当:島)
〒112-8632 東京都文京区大塚3-1-1
Tel:03-3943-2221  Fax:03-3943-7058  E-mail: shima.yasuyuki@mxh.trc.co.jp