セミナーのお知らせ
TRCセミナー「まちの課題を解決する図書館」

シリーズ『自治体政策再生への処方箋』では、自治体が直面する新たなリスク構造を整理し、その対応の中で自治体政策をいかに再生・進化させていくかの処方箋を、理論的かつ実戦的に解説してまいります。


シリーズ 「自治体政策再生への処方箋」(全5回)

少子高齢化、グローバル化、情報通信革命等の進展は、地域社会に質的・構造的変化をもたらし、従来の政策展開の中で堆積させたリスクの顕在化とともに自治体経営に新たなリスク構造を生み出しています。そうしたリスクに対応しつつ、自治体政策をいかにして再生していくか。本シリーズでは、そのための処方箋を理論的かつ実戦的に解きほぐし、地域社会での政策議論に確かな軸と推進力を与える視点や具体的手法等を整理・解説してまいります。

日時 【第1回】平成29年 8月 2日(水)13:30~16:30
【第2回】平成29年 8月 8日(火)13:30~16:30
【第3回】平成29年 8月23日(水)13:30~16:30
【第4回】平成29年10月 4日(水)13:30~16:30
【第5回】平成29年10月18日(水)13:30~16:30
*開催時間は各回とも13:30~16:30。講師の公務等により日時が変更となる場合がありますので、予めご了承ください。
*基本テキストとして宮脇淳編著『自治体経営リスクと政策再生』(東洋経済新報社2017年4月)を使用します。
会場 図書館流通センター本社 (東京都文京区大塚3-1-1)
*東京メトロ丸の内線「茗荷谷」駅より徒歩1分
*会場が上記近隣の会館等に変更になる場合がありますので、予めご了承ください。
参加費 <全回申込の場合>お一人様25,000円(税込)第1回当日、会場受付で頂戴致します。
全回申込の方には、講師の新著『自治体経営リスクと政策再生』を第1回時に進呈!
<回毎申込の場合>1回につき、お一人様5,000円(税込)当日、会場受付で頂戴致します。
申込み 受講申込書(72KB)」にご記入の上、Faxでお申込ください。
*お申込受付後、順次、メールにて「出席票」をお届け致します。
*お申込後、ご欠席となる場合には、事前に「お問い合わせ先」まで必ずご連絡ください。

【第1回】自治体は新たなリスク構造にどう立ち向かうのか ~リスク管理型経営への転換による自治体組織・政策の再生

【第2回】自治体経営の進化に向けた理論と実践 ~公共サービス改革の流れを読み解く理論(NPM、PPP、NPG)

【第3回】行政マネジメントシステムをいかに進化させるか ~行政計画・行政評価の実効性、PDCAと参加の問題

【第4回】公営企業、三セク等の経営をいかに戦略化するか ~地域経営と民間化に向けた具体的手法

【第5回】情報の蓄積・移動の視点から描く地方行政の将来 ~情報化を基盤とする事務事業の進化

講師

宮脇 淳(みやわき・あつし) 北海道大学 大学院法学研究科・公共政策大学院 教授

参議院事務局、経済企画庁、(株)日本総合研究所主席研究員等を経て現職。北海道大学公共政策大学院では初代を含め2度院長を務める。内閣府地方分権改革推進委員会事務局長、総務省第3セクターの等のあり方研究会座長、下水道財政のあり方研究会座長など国・地方自治体の委員等を数多く歴任。著書に『自治体経営リスクと政策再生』、『「政策思考力」基礎講座』、『地域を創る「政策思考力」入門編』等。

お問い合わせ先

TRCセミナー「まちの課題を解決する図書館」 株式会社図書館総合研究所 (担当:島)
〒112-8632 東京都文京区大塚3-1-1
Tel:03-3943-2221  Fax:03-3943-7058  E-mail: shima.yasuyuki@mxh.trc.co.jp