セミナーのお知らせ

地方議員のための「政策科学基礎講座」
[第1回] 政策とは何か、公共政策とは何か

拝啓 時下ますますご清祥の御事とお喜び申し上げます。
さて、‘知のインフラ’図書館と図書館を通したまちづくりに貢献する図書館流通センター(TRC)グループでは、地域政策をめぐる情報交流・共同研究の場づくり等にも取り組んでおります。その一環として、今回、新たに『地方議員のための「政策科学基礎講座」』を開講することになりました。つきましては、政策を思考し議論する「政策力」向上への機会として、是非ともご参加くださいますようご案内申し上げます。    敬具

日時 5月30日(月)13:30~16:30
会場 図書館流通センター本社 ホール(東京都文京区大塚3-1-1)
*東京メトロ丸の内線「茗荷谷」駅より徒歩1分、春日通りに向かって左手、茶色のビル
参加費 お一人様10,000円(税込)  当日、会場受付で承ります。
ご請求書の発行、その他につきましては、下記「お問合せ先」までご相談ください。
申込み 定員25名。申込書(230KB)にご記入の上、Faxでお申込ください。
*お申込受付後、順次、メールにて「出席票」をお届け致します。
*お申込後、ご欠席となる場合には、事前に、下記「お問合せ先」まで、必ずご連絡ください。

趣旨

今日、地域社会が大きく変化する中では、議論を積み重ね、議論の質を高めて、既存の制度・政策を見直し、今後の方向を見出していかなければなりません。そのための武器を、本講座では政策科学の知見に求め、地方議会及び地域社会での政策議論の再生・活性化に向けた基礎として位置づけます。これを身に付けることにより、主観的感覚にもとづくポピュリズム的政策議論から脱却し、住民の視点に立つ政治家としての「政策力」、とりわけ議会ではもとより住民、行政とよい意味で緊張感をもって政策議論していく実践的基礎力の向上を図ります。

構成

  • 今年度内に、8回程度開催し、下記項目を中心に政策科学の基礎をカバーします。

    ①政策とは何か、公共政策とは何か ②政策思考の体系化(観察、分析、仮説設定) ③政策議論の基礎
    ④政策評価の基礎 ⑤政策交渉とは何か

  • 原則として全回受講者を対象に、3月議会前に、個々の課題・懸案等を題材として事例研究・助言等を行う場(メール等での指導・助言を含む)を設ける予定です。
    *毎回の内容には連続性・体系性が伴うため、全回受講を前提にご参加ください。

講師

宮脇 淳(みやわき・あつし) 北海道大学大学院法学研究科教授、 同 公共政策大学院教授

参議院事務局、経済企画庁、(株)日本総合研究所主席研究員等を経て現職。北海道大学公共政策大学院では初代を含め2度院長を務める。地方分権改革推進委員会事務局長をはじめ国・自治体の委員等を数多く歴任。著書に『「政策思考力」基礎講座』、『創造的政策としての地方分権』、『図解 財政のしくみ』、『自治体戦略の思考と財政健全化』など。

お問合せ先

TRCセミナー「まちの課題を解決する図書館」 (担当:島・ 加藤)
〒112-8632 東京都文京区大塚3-1-1  株式会社図書館総合研究所
Tel:03-3943-2221  Fax:03-3943-7058  E-mail: shima.yasuyuki@mxh.trc.co.jp