セミナーのお知らせ

TRCセミナー「まちの課題を解決する図書館@名古屋」<自治体政策研究会>
海外事例にみる図書館運営の最適化~「貸出数追求の呪縛」を超えて
図書館総合研究所

図書館づくりと図書館を通したまちづくりに貢献するTRC㈱図書館流通センター・㈱図書館総合研究所では、地域の課題解決に向けて経験知やアイデアを繋ぐセミナー「まちの課題を解決する図書館」を開催しています。今回は、弊社名古屋支社を会場に、下記の企画で開催します。皆様のご参加をお待ち致しております。

日時 平成28年3月29日(火)13:00~16:00
会場 図書館流通センター名古屋支社 (名古屋市中区丸の内2-2-28)
*地下鉄桜通線「丸の内」より徒歩5分、 地下鉄鶴舞線「丸の内」より徒歩1分
参加費 お一人様3,000円(税込)  当日、会場受付で承ります。
ご請求書の発行、その他につきましては、「お問合せ先」までご相談ください。
申込み 受講申込書(224KB)」にご記入の上、Faxでお申込ください。
*定員40名。先着順に受付け、定員に達し次第、締め切ります。
*お申込後、ご欠席となる場合には、事前に「お問合せ先」まで必ずご連絡ください。

テーマ

海外事例にみる図書館運営の最適化~「貸出数追求の呪縛」を超えて

日本の公立図書館では「一人当り貸出数」が評価指標として注目されます。ところが諸外国では、調査研究、「本」のないデジタル図書館、読書支援(貸出)、ビジネス支援、子育て・世代間交流など、立地や規模等に応じて、それぞれのミッションを明確にした個性豊かな図書館づくりが目につきます。そうした事例を紹介しながら、これからの公立図書館のあり方を探ります。加えて、公共施設マネジメントが課題となる今日、いくつかの県立図書館等では指定管理者と公務員との公民連携型での運営の可能性等も生まれています。先進的な事例をもとに、次世代型の図書館運営について考えます。

講師

南  学(東洋大学客員教授)

横浜市役所で現場業務からトップマネジメントまでを経験。自治体の各種委員等を数多く務める。著書に『市場化の時代を生き抜く図書館』、『自治体アウトソーシングの事業者評価』等。月刊『地方財務』(ぎょうせい)に「公共施設マネジメント」を連載中。

お問合せ先

TRCセミナー「まちの課題を解決する図書館」 株式会社図書館総合研究所 (担当:島)
〒112-8632 東京都文京区大塚3-1-1
Tel:03-3943-2221  Fax:03-3943-7058  E-mail: shima.yasuyuki@mxh.trc.co.jp