読書通帳機
  1. ホーム
  2. 図書館ツール
  3. 読書通帳機

読書通帳機

読書通帳機は図書の貸出履歴を利用者が自分で読書通帳に記録するシステムです。
読書履歴を目に見える形にすることで、利用者の読書意欲を促進します。

導入のメリット

読書通帳イメージ
  • 読書の履歴を見える形にし、「もっと読みたい」意欲を促進します
  • 利用登録者が増え、図書館利用を活性化します
  • 通帳は、自治体ごとにオリジナルデザインにすることができます
  • 本体のロゴやキャラクターもオリジナルデザインが可能です
  • 学校において、「読書アドバイス」にも活用できます

活用シーン

読書通帳機活用イメージ
  • 公共図書館
    利用者の読書意欲の促進、図書館利用の活性化に。
  • 学校図書館
    読書活動の定量化、目標設定と評価の明確化に。
    読書履歴の振り返りと、次の読書活動へのアドバイスに。

導入事例

八尾市立龍華(りゅうげ)図書館(大阪府八尾市南太子堂2-1-45)

八尾市立龍華図書館の読書通帳機 八尾市立龍華(りゅうげ)図書館

八尾市では、2015年8月2日に新規オープンした八尾市立龍華図書館においても、皆様に読書をもっと楽しんでいただきたく、読書通帳機を設置いたしました。 読書通帳機は市内の八尾・山本・志紀図書館に設置しています。
貸し出しを行った後に読書通帳機をご利用いただくと、貸し出された本の題名、著者名などが読書通帳に記帳されます。借りた本が目に見えて記録されていくので、子供たちの読書意欲が増す読書応援グッズとして活用いただけるとともに、履歴をたどることができる読書記録としてもお使いいただけます。

鴻巣市立鴻巣中央図書館(埼玉県鴻巣市本町1-2-1)

鴻巣市立鴻巣中央図書館の読書通帳機

2010年9月に全国で2番目、東日本では初の取組みとして、鴻巣市内の3図書館(鴻巣中央・吹上・川里)に読書通帳機を導入しました。
子どもたちがより楽しく本に親しめるよう、小学生(1年~6年)向けの無料サービスとしてご利用いただいています。

おかげさまで大変な人気で、(通帳1冊で216行の印字ができるのですが)一人で3~4冊目と言う子もいらっしゃるようです。
また最近では「大人も読書通帳機を使いたい」「大人への通帳は有料でもいいから」など、幅広い層からのご要望も頂戴するようになりました。

読書通帳デザイン事例
大阪府八尾市の読書通帳デザイン
大阪府八尾市
特産品の枝豆をキャラクターに
埼玉県鴻巣市の読書通帳デザイン
埼玉県鴻巣市
市の特産品、雛人形をあしらったデザイン

主な機能・製品バリエーション

  • 図書館システムと連携して、貸出データを印字できます。
  • 専用サーバにより、複数の読書通帳機が管理できます。
  • 読書通帳に貸出日や書名などを印字します。
  • タッチパネルモニタで誰にでも簡単に操作できます。
  • 読書通帳に貼付されたICタグにより、個人認証を行います。
  • システムの連携により、学校で貸出したデータも印字することができます。

リクエストにお応えしてコンパクトサイズの読書通帳機が新登場!

読書通帳機
読書通帳機
読書通帳機mini
読書通帳機mini
読書通帳機mini

読書通帳は、株式会社内田洋行の登録商標です。
(製造元:株式会社内田洋行)

こちらでご紹介のサービスについてお問い合わせ・資料請求は下記までどうぞ。

営業部営業デスク
TEL : 0120-801202 / FAX : 0120-337659 / E-mail : desk@trc.co.jp
Tweet
▲ ページトップへ