セミナーのお知らせ

TRCセミナー「まちの課題を解決する図書館」<地域医療再生研究会>
ローコスト・高品質の自治体病院建築を実現する方法
~建て替えを病院経営の危機としないために~

拝啓 時下ますますご清祥の御事とお喜び申し上げます。
さて、‘知のインフラ’図書館と図書館を通したまちづくりに貢献する図書館流通センター(TRC)グループでは、地域社会が抱える課題とその解決に向けた経験知やアイデア等を繋ぐ共同研究の場「まちの課題を解決する図書館」を各種テーマ設定の下に開催しております。
今回の「地域医療再生研究会」では、自治体病院の老朽化・更新に向けた動きが相次ぐ中、ローコスト・高品質の建築を実現するための手法を、具体例を交えながら解説します。
つきましては、ご多用の折とは存じますが、是非ともご参加くださいますようご案内申し上げます。  敬具

日時 6月28日(火)14:30~16:45  *終了後、講師を囲んでの懇親会を予定(会費別途)
会場 図書館流通センター本社 ホール(東京都文京区大塚3-1-1)
*東京メトロ丸の内線「茗荷谷」駅より徒歩1分、春日通りに向かって左手、茶色のビル
参加費 自治体及び自治体病院ご担当者・自治体議会議員…お一人様5,000円(税込)
上記以外の方…お一人様35,000円(税込) 当日、会場受付で承ります。
ご請求書の発行、その他につきましては、下記「お問合せ先」までご相談ください。
申込み 申込書(230KB)にご記入の上、Faxでお申込ください。
*お申込受付後、順次、メールにて「出席票」をお届け致します。
*お申込後、ご欠席となる場合には、事前に、下記「お問合せ先」まで、必ずご連絡ください。

Talking Points

今日、自治体病院は生き残りをかけた競争の中にあります。その際、病院の建て替えは、質の高い医療の提供、医師・看護師など医療者の雇用、入院・外来患者の拡大等に向けた重要な契機となります。しかし、経営面での配慮を欠いた過大な設計・建築等によって多額の借金を抱え、医療崩壊を招いてしまう例があることも否定できません。自治体及び自治体病院関係者は、「建て替えは病院経営の最大の危機」ともなり得ることを認識する必要があります。
そこで、今回の研究会では、限られた予算でローコスト・高品質の自治体病院建築をいかにして実現するか、起債など借金に頼らずに病院をどのようにして建設するか等のノウハウを、下呂市立金山病院、とちぎメディカルセンターをはじめ、ローコスト病院建築への支援実績を有する講師が解説します。

講師

伊関友伸(いせき・ともとし) 城西大学経営学部マネジメント総合学科教授

埼玉県庁を経て2004年より現職。総務省公立病院に関する財政措置のあり方等検討会委員、夕張市病院経営アドバイザー等を歴任。著書に『自治体病院の歴史―住民医療の歩みとこれから』(三輪書店)、『まちの病院がなくなる!? 地域医療の崩壊と再生』(時事通信社)など。

お問合せ先

TRCセミナー「まちの課題を解決する図書館」 (担当:島・ 加藤)
〒112-8632 東京都文京区大塚3-1-1  株式会社図書館総合研究所
Tel:03-3943-2221  Fax:03-3943-7058  E-mail: shima.yasuyuki@mxh.trc.co.jp