スタッフのキャリアアップイメージ
  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. スタッフのキャリアアップイメージ
TRCは図書館総合支援企業として、日本全国の図書館(公共図書館・学校図書館・専門図書館)のなかのさまざまな業務を受託したり、バックヤードとしてサービスを開発・提供しています。
基本的には、人と資料を結びつけるお仕事にフルタイムで携わっていただける方を求めていますが、子育て中など働く方自身のご希望や受託内容により、可能な限りさまざまな働き方をご提供させていただいております。
こちらでは、TRCで勤務している図書館現場スタッフが、安心して仕事に取り組めるようにするための代表的な例をご紹介します。
キャリアアップイメージ 研修制度の充実 TRC東京文化祭 安心して仕事に取り組んでいただくために 採用情報についてはこちらから

スタッフ研修制度の充実

TRCが掲げるスタッフの行動目標は
「明るく元気でいよう」
「高いホスピタリティを発揮しよう」
「幅広い知識と高度な専門性を身につけよう」という3点です。
研修プログラムもこの3点を土台に、スタッフをあらゆる図書館で通用するエキスパートに育てることを最終目標としています。

研修の内容

研修内容

研修のステップ

研修内容

ページトップヘ

安心して仕事に取り組んでいただくために

安心安全な労働環境

福利厚生制度
社会保険などの公的保険のほか、勤務中、万が一の物損事故等に対応するための賠償責任保険、労働者災害補償保険のほかの傷害保険も用意しております。さらに全スタッフに共通の就業規則を適用し、年次有給休暇のほか、慶弔休暇や休職制度なども設けております。
子育て支援制度
子育てをしながら安心して仕事が続けられるよう、会社独自の「子育て応援プラン」を設け、法定の産休・育休を上回る育児休業期間や母性保護休暇の充実を行うとともに、「育児を容易にするための制度」として、時短勤務を小学校3年生末まで延長可能としたり、「看護休暇制度の充実」として子の数に応じた看護休暇(有給)を定めています。
この結果、弊社の契約社員・スタッフの育児休業期間からの復職率は84.7%となっております。

モチベーションの向上

正社員への登用
優秀なスタッフを正社員に登用する制度を設けています。人事制度に基づく昇格ステップによる登用のほか、統括責任者、エリアマネージャーなどの立場から後輩たちの指導・育成に貢献された方を、登用しております。
ページトップヘ
研修の一環として初の試み:TRC東京文化祭を開催しました
TRC東京文化祭

東京近郊のTRC受託館スタッフ約1,500人が、スタッフ間で繋がりをつくり、モチベーション向上、さらなるサービス向上を目的として初の試み:TRC東京文化祭を開催しました。

  • つながる図書館』を上梓された猪谷千香さんのトークショー&スタッフとのトークセッション
  • 歌人の穂村弘さん講演会&創作短歌批評
  • そしてコラムニストえのきどいちろうさんをスペシャルゲストにお招きしての「夢の図書館コンペ」
などなど……

研修ですのでTRCスタッフのみの参加ですが一部ご紹介いたします。

TRC東京文化祭 2014/1/27~1/29

猪谷千香氏 × TRCスタッフ トークセッション 2014
猪谷千香氏 × TRCスタッフ トークセッション(右)猪谷千香氏さんと(左から3人)TRCスタッフ

ちくま新書『つながる図書館-コミュニティの核をめざす試み』の著者、猪谷千香氏をゲストにむかえ、トークセッションを行いました。

トークセッションのなかでは「図書館に来てくれないけれど、潜在的に関心をもっている人をまきこむためには」「『つながる図書館』を読んで思ったんですが、世の中には「つながりたくない人」もいらっしゃる。どうしたら?」といった話題など、熱いトークが繰り広げられました。
参加したスタッフからは「利用者目線の意見をいただけて、考えさせられた」「小さな地域図書館の存在を整備しなければならない。深く議論したい。図書館を出て仕事をすることが今後求められていくのでは」といった声が聞かれました。
読書会

テーマの本について、フリースペースで思いゆくまで語りあう「読書会」。
テーマに沿ってなごやかに開催されました。

この絵本が熱い!
ぼくはヨハネス・フェルメール りんごかもしれない おおきな木
『ぼくはヨハネス・フェルメール』 『りんごかもしれない』 『おおきな木』
おすすめのYA本!
ビブリオバトル カラフル 空色勾玉
『ビブリオバトル』 『カラフル』 『空色勾玉』
穂村弘さんとことば
穂村弘さんとことば穂村弘さん(歌人)をお招きして、「図書館にまつわることば」についてお話をお聞きしました。創作短歌批評の時間もありました。
夢の図書館コンペ

スタッフが考える「夢の図書館」について、プレゼン合戦を行いました。「こんな図書館あったらいいな!」というプレゼンに「いや、これ無理があるっしょ!」と、スペシャルゲストのえのきどいちろうさん(コラムニスト)からツッコミもいただきつつ、最優秀「夢の図書館」が選定されました。何年かのちにこのなかのアイディアを活かした図書館が実現するかもしれません。

えのきどいちろうさん「夢の図書館」
そのほか…

ビブリオバトル、ポスターコンテスト、制服デザインコンテストなども含め、各館スタッフ同士の交流とスキルアップ向上を図りました。

ポスターコンテスト制服デザインコンテスト
この研修を、今後の各図書館でのサービス向上に活かしてまいります。今後のTRCスタッフによるサービス向上にご期待ください。
Tweet
▲ ページトップへ