図書館事例
  1. ホーム
  2. 図書館運営
  3. 総合
  4. 図書館事例
わたしたちは図書館を「人類の英知を未来へと生かす知識と情報の宝庫」と考えます。
その図書館を利用するすべての人々が、教養を深め、自らの課題を解決し、心身ともに健康な市民として自立し、働き、暮らすことで地域が活性化します。
わたしたちの使命は図書館サービスを通して地域社会に貢献することです。

PFI・指定管理者制度・業務委託について

PFIの図書館(Private Finance Initiative)
PFIとは、公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う手法です。民間の資金、経営能力、技術的能力を活用することにより、効率的かつ効果的に公共サービスを提供できます。
指定管理者制度に基づく図書館
指定管理者制度は、公の施設を民間事業者等のノウハウを活用することにより、住民サービスの質の向上を図っていくことで、施設の設置の目的を効果的・効率的に達成するため2003年9月に設けられた制度です。地方公共団体側が提示した運営目的に添って事業者が提案を作成し、議会の議決を経て事業者を指定します。館長以下TRCが責任をもって育成したスタッフ、充実したバックヤードが、TRCが指定管理者として運営する図書館の特長です。
業務委託の図書館
地方公共団体が本来担当すべき業務を仕様書で示し、民間事業者がその仕様書に添って受託するのが業務委託方式です。1996年、福岡市総合図書館のご要望によってTRCの館内業務受託はスタートしました。「蔵書点検業務」「カウンターでの貸出返却作業」「複写サービス」など、必要な部分でご依頼を承ることができます。

運営実績はこちら

図書館事例

公共図書館

TRCが受託している公共図書館の一例をご紹介します。


豊後高田市立図書館
(指定管理者)

〒879-0605 大分県豊後高田市御玉101番地1
http://www.lib-bungotakada.oita.jp/

2013年2月14日、豊後高田市立図書館(大分県)が開館しました。自動貸出機はじめ最先端のフルICシステム・電子図書館サービス TRC-DLといった九州初の最先端サービス導入、授乳室や「おはなしのへや」、お父さんのための「イクメン室」も完備しています。
TRCは、3月31日まで業務委託として、4月1日から指定管理者として運営を受託し、地域の願いである「教育のまち豊後高田」をさらに推進するお手伝いをいたします。

豊後高田市立図書館1階
利用者スペースはすべて1階:
利便性・快適性を重視し、ロビー・学習室・集会室・開架スペースはすべて1階になっています。
特集展示のひとつ
IC:
写真は自動返却機です。ほかに、自動貸出機、予約棚を導入し、利用者の皆さんに活用されています。
「おはなしのへや」
「おはなしのへや」:
こどもが靴を脱いでゆったり読書できる「おはなしのへや」。読み聞かせも行われます。

千代田区立日比谷図書文化館
(指定管理者)

〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1番4号
http://hibiyal.jp/hibiya/index.html

1908年東京市立日比谷図書館として開館(1943年から東京都立に)。千代田区への移管となった2011年に全面改修、図書館・博物館・カレッジの3機能が融合した総合文化施設として生まれ変わりました。ICシステムによる自動貸出機など最新のシステムとスタッフによる細やかなご案内が特長です。季節や時事に合わせてスタッフが企画する特集展示で、資料と人を結びます。

日比谷図書館外観外観:
日比谷公園の緑の中に建ちます。 窓の向こうは国会通り、東京メトロ「霞ヶ関駅」からも徒歩数分の交通至便な場所です。
特集展示のひとつ特集展示のひとつ:
スタッフが企画するさまざまなテーマで資料が紹介されています。写真は2011年12月の「舞台は江戸城」の1コマ。
ショップ&カフェショップ&カフェ:
1階に、新刊書籍や読書が楽しくなる雑貨も充実したショップ&カフェ、地下にはレストランがあります。

桑名市立中央図書館(PFI)

〒511-0068 三重県桑名市中央町3丁目79
http://kcl.kuwana-library.jp/

2004年、国内初の本格的なPFI図書館として開館。蔵書数・面積・開館時間や開館日数を飛躍的に拡大しただけではなく、市側との協働事業として地域資料の充実に力を入れ地域の文化を大切にした取り組みをしています。また「桑名市図書館を使った調べる学習コンクール」を主催、図書館の「調べる」機能を推進しています。今後は地域の学校ともいっそう連携を深め、自治体と共に、より多くの方に活用いただける図書館にしてまいります。

日比谷図書館外観外観:
3階・4階が図書館です。
1階にはコーヒーショップがあります。
特集展示のひとつ「昭和の記憶」収集資料展:
薄れゆく昭和の記憶の風化を防ぐため、市と協働で昭和に関する地域資料を収集し、毎年展示会を行っています。
ショップ&カフェ調べる学習コンクール推進:
作品(複製)の展示のほかに、例年夏には調べる学習のための講座なども開催しています。

学校図書館

学校図書館の事例はこちらをご覧ください。

その他施設(博物館など)

TRCでは公共図書館受託のノウハウを活かし、美術館、博物館、郷土資料館や企業図書室、その他施設の運営も受託しております。


漢学の里 諸橋轍次記念館
(指定管理者)

〒955-0131 新潟県三条市庭月434番地
三条市ホームページ「諸橋轍次記念館」

日本を代表する漢学者であり教育者の諸橋轍次博士の記念館です。博士の生家は三条市指定文化財として旧来の姿のまま保存・公開、1992年に博士の生家に隣接してこの記念館が建てられました。2011年4月から指定管理者としてTRCが受託運営を行っています。2012年4月にリニューアルされ、諸橋博士が編纂された『大漢和辞典』を巨大化した展示などが人気です。

写真提供:株式会社乃村工藝社 / 撮影:梶原敏英

漢学の里 諸橋轍次記念館
諸橋博士の漢学に捧げた100年の生涯を年表で表現、中央には博士の「指標」を新設し、博士の生涯をひとすじの道として表現しました。
漢学の里 諸橋轍次記念館
諸橋博士が編纂された『大漢和辞典』を巨大化した展示。『大漢和辞典』の引き方、漢字の成り立ちをわかりやすく紹介します。
漢学の里 諸橋轍次記念館
手のひらに映る「漢字クイズ」や床に映し出される漢字(古代文字が現在の漢字に変化する装置)は子どもにも人気です。

その他、板橋区立成増アートギャラリー(東京都)、三条市歴史民俗産業資料館(新潟県)、出水市高尾野郷土館・古城画伯コレクション館(鹿児島県)を指定管理者として受託運営、東京都美術館美術情報室、NHK放送文化研究所などの業務委託をお受けしています。

ページトップヘ
Tweet
▲ ページトップへ